<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私達に出来る事

地震発生から毎日テレビやインターネットでニュースを観ていますが、日を追うごとに想像を絶する惨状の映像に時々心臓がぱくぱくしたり、眠れない日が続いています。

実際に被災されている方達、余震が続いて大変な方達、そして不休不眠で救助活動や原発漏れの現場にいらっしゃる方達、福島県の原発のお近くにお住まいの方達のお気持ちに比べると、揺れもなく、放射漏れの問題もなく、水もガソリンもある生活をしていることがとても罪悪感のようなものに感じて、それがまた悪循環になり、落ち着かず何もしたくない気持ちになってます。

私だけではなく、日本を離れて外国に住む日本の皆さんが同じ思いでしょう。
友人のひとりはまだ被災地の親戚と連絡が取れないとのことで、先日から AT&TやVerizonなどの電話会社がこちらから日本に無料で固定電話や携帯に掛けられるサービスを始めたので、毎日何度も連絡を取っているようです。彼女もいつも涙がこぼれてしまうと言ってます。早く連絡がつけばいいと毎日祈ってます。

アメリカのメディアも連日地震のニュースを報道していますので、こちらもマイケルと観ますが、日本の報道番組に比べて衝撃的な映像を映画のような効果音とともにこれでもかって感じで放映するので更に気持ちが暗くなります。マイケルも泣きながら観てます。特にお年寄りや小さいお子さんたちの笑いの消えた表情に言葉も出ません。出来るだけ日本の報道番組を観るようにしてます。

私やマイケルだけでなく、同じ気持ちの方達が沢山いる事をアメリカや外国に住む日本人のコミュニィーティサイトで昨日知りました。その中に精神科医の香山リカさんが北海道新聞に先日投稿された記事を紹介している方がいらっしゃったので私も読んでなるほどと思いました。

微力だけど、自分の力が必要と思われるその日に備えて、自分が元気に過ごすことが必要なことなんだと思い始めました。ショップの更新等やらなくてはいけないこともあるのに、気力がなく、何も手に付かない状態でしたけど、昨日から少しですけど、彼女のアドバイスのように普段の生活をちゃんと過ごそうと思い始めました。
新商品の準備これから頑張って皆さんにご紹介していきたいと思います。

最後に香山リカさんの投稿記事の1部を抜粋してご紹介させて頂きますね。

日本を襲った未曽有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。

 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。

 被災地で実際に大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を病んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、何としても避けなくてはならない。

 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちん取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

 「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。


[PR]
by equiltingb | 2011-03-17 07:15 | ライフ

Pray for Japan

ここアメリカでも連日地震のニュースが報道されています。
テレビに映し出される現実の物とは思えない映像にショックでたまりません。

一瞬にして亡くなられた方、家を失った方、愛する家族や友人を失った方、未だにご家族とご連絡が取れない方のお気持ちを察すると胸が苦しくなります。
地震に加えて、原発の爆発のことも心配です。被爆された方も多くいらっしゃるのですね。

アメリカ在住の日本人のサイトを覗くと、被災地に在住のご家族と連絡が全く取れない方も沢山いらっしゃってその方達の悲痛な叫びを聞くと涙があふれてきます。

マイケルの娘達やご近所の方達、ジムの顔なじみの方から、今回の地震のことでお見舞いのお電話や声を掛けてもらってますが、スーパーやジムで話をしたことのない方達までも、”あなた日本の方?”と話かけられます。”そうです”と答えると、”心を痛めてるのよ。ご家族は大丈夫?”と皆さん優しく声をかけてくれます。

今日はスーパーのチェッカーの女性が、”日本に行った事あるのよ。美しい国がこんなことになって悲しいわ”と涙ぐんでました。ここアメリカ、そして、世界中の人たちが今回の地震で被災された方達に心を痛め、1日も早く日本が復興することを願っています。

東北関東周辺にお住まいのお客様も沢山おられます。どんなに怖い思いをされたことでしょう。
余震もまだ続いているとのことですので落ち着かない日々をお過ごしの事と思います。

被災された皆様には心からお見舞いを申し上げます。
ご家族やお友達の安否をご心配されている方、どうか吉報が得られますように。。。。

一刻も早く一人でも多くの方が救出されますこと祈っています。
1日も早く平穏な日々が戻りますように。。。。。

☆お詫び
郵便配達がこういう状況ですので通常より到着が遅れる可能性がありますことご了承ください。
[PR]
by equiltingb | 2011-03-13 17:28 | ライフ

コロンビア渓谷

ずいぶんブログご無沙汰しておりました^^; 3月に入ってますよ(汗)
先週の木曜日は久しぶりに銀世界になってびっくりしましたけど、お庭の水仙も咲き出して春の到来です!

ここず〜〜と目の酷使で疲れ気味でして、ショップの新商品の更新やこのブログちょっとさぼり気味です。

週末はマイケル共々大好きなコロンビア渓谷にハイキングに出掛けたり、ジムで知り合ったお友達と遊んだりしてちょっとのんびりしておりました。久しぶりのコロンビア渓谷はまだ肌寒かったのですが、新鮮な空気をしっかり味わってリフレッシュ出来ました。ブランチをしようと初めてお邪魔したプチホテル。何でも結婚式をここでされるカップルが多いとの事。お庭の雰囲気やインテリアが何とも上品で素敵でした♪
e0122016_346529.jpg

インテリアはアンティークで統一されていて、重厚感たっぷりです。
e0122016_3471378.jpg

e0122016_3505046.jpg

アンティークのシャンデリアがこれまた素敵でして、いつか我が家にも欲しいです。
e0122016_348115.jpg

ブランチはスペシャルのフレンチトーストをオーダーしました。クリームチーズとブルベリーソースが濃厚でして、う〜〜ん、私にはボリュームがありすぎて、クリームチーズが濃厚すぎました(泣)
e0122016_3512488.jpg

ブランチの後は、コロンビア渓谷の人気スポットからちょっと離れたトレイルをハイキングしました。
濃厚すぎたフレンチトーストのカロリーを消化するためによく歩きました。
e0122016_3593935.jpg

この日は夜9時から翌朝の7時まで爆睡の2人でした。目覚めもいつになく爽やかでしたよ^^

さて明日から恒例のEXPOアンティークショーがスタートです。こちらも会場内歩きますよ!!
リクエスト頂いてますアイテムを頑張って探してきますね。

ショップの商品の1部ですが、少しお値段を下げています。宜しかったらご覧になって下さいね♪
[PR]
by equiltingb | 2011-03-04 04:07 | ライフ