フランス人は10着しか服を持たない

こないだ里帰りした時に購入した「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~」をお正月ゆっくり読みました。著者のジェニファー・L・スコットさんがフランスの貴族の家にホームステイした際にホストマザーから学んだ幸せな暮らしを贈るための秘訣が紹介されています。
e0122016_23154083.jpg

フランス人は10着しか持たないというタイトルが衝撃的でベストセラーという事もあって購入したのですけど、全部で10着ではないんですね。春秋が10着、夏と冬がそれぞれ10着でコートや上着、スカーフや靴は入ってません。ついタイトルに惹かれて買ったのですけど、クローゼットのお洋服の数がこの本の本質ではなくて、質の高い暮らしをするためにジェニファーさんが実践している事の紹介の本と捉えた方がいいかと思います。

日々ささやかなことに喜びを感じる事が出来ればバランスの取れた生活が出来るという彼女の提案は素敵と思います。自分の気に入った質のいいものを普段の生活で愛用しましょうってのは同感です。

本屋さんには断捨離やミニマスト関連の本や雑誌のコーナーがあって、色々刺激を受けました。去年から細々と断捨離をしていますが、長年愛用してきたお洋服や靴、キッチン物など思い出もあるので断捨離するのはなかなか難しくて時間が掛かるのですけど、生活スタイルや自分の体型などなど変化してきたものにはちゃんと目を向けて実行していこうと思います^^
[PR]
by equiltingb | 2016-01-06 00:08 | ライフ
<< アランリックマン 謹賀新年 >>